アジャイルな環境作り – そんなに急いでどこへ行く

Posted filed under Programming, Publications.

 先月、永和さんで「アジャイルな環境作り – そんなに急いでどこへ行く」と題して、私の開発環境の紹介をしてきました。  下のslideshareは、遅くて表示出来ない場合があるので、うまく見れなかった人は、PDFをダウンロードしてください。  主に、自分用のデプロイ環境を紹介しています。

PHPユーザの為のRuby/Rails入門

Posted filed under Publications, Ruby on Rails.

[追記] if構文の変数スコープの説明に間違えがあります。新しいスコープは作られません。  お盆のまっただ中8/11(土)に、社内勉強会を開いて、PHPユーザ向けにRuby/Rails入門をやりました。  じつはお盆の土曜日に4時間も勉強会って事で、そんなに人も集まらないだろうと思っていたのですが、ふたを開けてみたら28名も参加があり、びっくりしました。それだけ興味を持ってもらったのは嬉しいけど、これだけ集まるなら資料はちゃんと作らないと・・・・。ということで、作った資料を公開します。なんとRuby編100ページオーバー、Rails編200ページオーバーと、かなり大作です。

ウェブキャリアの「Webエンジニア武勇伝」に取り上げられました

Posted filed under Life, Publications.

 ウェブキャリアの川井社長との対談が、Webエンジニア武勇伝で公開されました。  自分でも色々記事を書いていますが、自分の事が記事になることがないので、変な感じがします(笑  いままでの経歴や、なぜ今、会社員になったかなど、好き勝手に答えているので、お暇なときに読んでください。

「Googleカレンダーをテレビ番組表に」が日経ITproにアップされました

Posted filed under Publications, Ruby on Rails.

 日経Linux 2007年2月号に執筆した特集「Web2.0サイトを自作する」の中から、「Googleカレンダーをテレビ番組表に」が日経ITproに再掲載されました。  livedoor番組表のRSSをGoogleカレンダーにマッピングして、見たい番組がいつやっているかを、簡単に確認できる仕組みを構築しました。  よろしければ、ぜひ試してみてください。この記事に関する質問は、このblogにコメントいただければ、なるべく対応します。 追記 07/31 09:56  日経Linux2007/02の特集全体が掲載されてたんですね。気が付かなかったw  この連載、Railsを使って色々なマッシュアップ系サイトを作ったりしています。過去1年ぐらいで結構、色々なWebAPI系記事って書いてるんですよね。いつもネタ出しに苦労してますが。

今日はPukiWikiの話です

Posted filed under Products, Publications.

今日は文科省の研修で、PukiWikiの話をします。最近は、なんだかスピーカーばかりしていますw 明日もLinuxコンソーシアムで、パネリストをやる予定です。 さて、今日の受講者は主に高校の先生方なので、実際にPukiWikiに触れてもらって、手軽さを感じ取ってもらいたいと思っています。 初めは資料を全部印刷しようと思ったのですが、いま時それも無いだろうということで、ここで公開して、実習時にスクリーン以外に、このページを見ながら実習を進めてもらおうと思っています。 実はPukiWikiの話をするのは、InternetWeek 2004以来ひさびさです。特に実習込みは初めてなので、時間配分が難しいですね。 なお、この講習会では、「PukiWiki入門」を配った上で進めています。このプレゼンをみて興味を持った方は買っていただけると嬉しいです。

OSC2007-Kansaiに参加します

Posted filed under Publications, Ruby on Rails.

明日、7月20-21日はOSC2007-Kansaiに参加するために京都に行ってきます。 前回の北海道と同じでマッシュアップ話です。ただ、前回と同じ北海道の温泉のマップでもヘンなので関西版で別のネタは入れるつもりです。これから。 今度はどっかで「Railsでメシをどうやって食うか」みたいな話しをしたいなぁ。去年は自分で「2006年はRailsの仕事しかしない!」って決めて何とか食えたからな。その辺の話しを中心で。 聞きたい人がいたらコメントください。つかOSCの2日目の空いてる教室でやらせて欲しいなぁw しかし1日目で平日の午前中。その割に同じ時間帯には強力なネタが並んでる・・・。 これはガラガラになりそうな予感・・・ orz 会社でNEXTWISEのブースも出していて、そこに張り付いている予定ですので、もしこのblogを読んでくれている人がいたら、必ず声をかけてください。たぶん、ブースで仕事してるけど気にせず声をかけてください。 実は新幹線に乗るのが初めて。ちょっと楽しみ。お弁当を買って乗ろう。

プロジェクトの始まりはTracから

Posted filed under Programming, Publications, Ruby on Rails.

そんなわけで、プロジェクトの始まりはTracから。これがないと仕事が始まりません。 Tracが一番良いわけでも無いんだけど、日本語マニュアルがあるところと、ユーザが多いことから、subversionとの連携スクリプトなどが多数公開されているところが、選択理由です。 Railsベースでも複数、プロジェクト管理ソフトが出てきているので、どれか良い物に育ってくれると嬉しいなと思っています。 さて、tracのインストール方法はwebで沢山見つかるので、それを参考にインストール。 Tracは初期設定でも十分使いやすいんですが、チケット登録で担当者をドロップダウンリストにするために設定を変更します。 tracの設定ファイル conf/trac.iniの下記の項目を変更してください。 [trac] default_charset = utf-8 # 文字コードはUTF-8で [ticket] restrict_owner = true # 担当者をドロップダウンリストにする ユーザ登録は、.htpasswdにユーザを登録後、下記のコマンドを実行して権限を与えます。 trac-admin ./ permission add アカウント名 TRAC_ADMIN そのあと、このユーザにはログインしてもらい、画面の右上「ユーザ設定」からメールアドレスを登録してもらいます。これを登録して貰わないとチケット登録画面の担当者として選択できません。 あとは、コンポーネントと優先度を変更します。まずは優先度を日本語にします。 trac-admin ./ priority change blocker 今すぐやる trac-admin ./ priority change critical 急いでやる trac-admin ./ priority change major 普通 trac-admin ./ priority change minor あとでもいい trac-admin ./ priority… Read more »

OSC発表資料 ”1時間で作るマッシュアップ”

Posted filed under Publications, Ruby on Rails.

今年もやってきました、OSC2007 北海道。 もう東京で働いているんですが、会社がスポンサーなので、仕事として参加してきました。 まだ会社入ったばかりで、仕事に絡んだネタがないので、時事ネタとしてマッシュアップです。うちの部署のサービスもAPIとかやりたいみたいだし。 今回は、YMOZE-Yさんのリクエストで、北海道温泉マップを作ろうです。じゃらんの温泉APIと、Google Maps, Flickrを組み合わせて、写真付き温泉マップをサクっと展開してます。 なお、同じネタでOSC2007 Kansaiでもやる予定なので、そっちに参加する人は、このスライドは見ないでください。 作ったプログラムは、http://masuidrive.jp/tmp/onsen.tar.gz

るびま19号にRailsの記事を書きました

Posted filed under Publications, Ruby on Rails.

“るびま”こと”Rubyist Magazine – Rubyist Magazine 0019 号“にRailsのパフォーマンスアップの記事を書きました。 特にviewでpartialやcollectionを多様している人には、結構効くはずです。 間違えを見つけたり、質問などはここのコメントにお願いします。

NiftyからフルRailsおもしろアプリ “アバウトミー”リリース

Posted filed under Products, Publications, Ruby on Rails.

 私が作成の前半を手伝ったサービス、”アバウトミー – 自分発見プロフィール“がNiftyからリリースされました。  他のSNS系サービスの様に、友達関係を中心としたサービスじゃなくて、自分を掘っていくサービスで、質問に答え始めると意外にな自分が発見できちゃうサービスです。 答えを友達と比較したり、自分のマイナー度合いを見つけてみると面白げです。自分のプロフィールを人に説明するは難しいですが、このサービスを使えば、「ここ見ておいて」って言えばOK! (w  と、珍しくサイトの宣伝っぽい事をしていますが、実は私はこのサイトの構築に関わったのですが、公開前のα版と、この公開版の基礎作り的な部分だけ作り、NaCLさんと富士通ソフトウエアテクノロジーズがそれを引き継いで完成させ公開になりました。 時間の関係で最後まで関われなかったのは残念ですが、こんな楽しいサービスに仕上げた2社の実力に感謝です。 また、Niftyの方々とは、このサイト構築を通じて、非常に楽しく仕事をさせて貰え、非常に感謝しています。 このサイトが流行ってくれるよう、陰ながら応援しています。 と言うわけで、いまならMOO MiniCards プレゼントキャンペーン開催中!なので、ぜひ登録してください! ■追記 名前が載ったメディア @nifty、足あと機能を実装したブログ向けプロフィール「アバウトミー」 (最後の写真 ITmedia News:自己紹介+RSSリーダー+Twitter ニフティ「アバウトミー」 ネット上での自分の活動を集約する「アバウトミーβ」,ニフティがRuby on Railsで構築:ITpro 「ブログでいちばん見たいのはプロフィール」、ニフティ − @IT