組織も人も最適化の果てにあるのは緩やかな死

Posted filed under Toreta.

 なんか会社のチャットネタが続きますが、先月、会社のチャットでマクドナルドの衰退と吉野家のリンクから最適化の話しになり、「もしトレタが最適化しすぎると、どういう風に発展の妨げになるんでしょう」って話しが出てちょっと面白かったのでブログにまとめて見ることにしました。  私がアプリ開発で一番怖いと思うのは、既存ユーザへの最適化です。

チャットで勤怠管理する「みやもとさん」をリリースしました

Posted filed under Javascript, Toreta.

 トレタで使っている、チャットで勤怠管理する「みやもとさん」をオープンソースでリリースしました。 https://github.com/masuidrive/miyamoto  Slackの#timesheetsという部屋で、「おはようございます」と書き込みと出勤が記録され、「お疲れまでした」と書き込むことで退勤となります。「明日はお休みさせて頂きます」と書き込むと、休暇の届け出になります。  チャットで勤怠管理する最大のメリットは、オフィスに居なくても誰がいつ出勤・退勤したのか全員が分かることにあります。出退勤管理アプリは色々出ていますが、営業で直行直帰する人や、リモートワーカーなどは、帰った時間がリアルタイムでわかりにくいという欠点があります。  「みやもとさん」では、チャットでやりとりする事でみんなの見える形で出退勤が記録され「あ、帰る前にあれも!」など、ありがちなコミュニケーションがスムーズに行えるようになります。  出退勤のあいさつの判定はかなり幅を持たせているので、みんなが色々なあいさつを試して遊んでいますし、みやもとさんの返事のメッセージも色々変な答えをするようにして、人間味を出すようにしています。  このスクリプトは、Google Apps Script(Javascript)で動いていますので、一人だけGoogleアカウントを持っていれば、サーバを借りることなく無料で運用できます。  設置方法などは、https://github.com/masuidrive/miyamoto を参照してください。現在はSlack用ですが、アダプタを書くことで他のチャットにも多分対応できます。  トレタのチャットの活用法については、弊社中村の記事も合わせてご覧下さい。 なぜチャットで勤怠管理なのか  トレタでは、情報ハブ的なツールとして全社でSlackを導入しています。  もともと、別のチャットを使っていたのですが、スマホ版を含めたUIと、さまざまなツールとの連携が容易に行えるということで、夏に移行しました。最大の問題は英語のUIですが、思ったより抵抗感なく移行することができました。  Slackへ移行後は、辛口の人工無能「高橋」を作り、走らせて遊んでいました。  これはこれで社内で大ウケだったのですが、無意味なbotではなくトレタらしいChatOpsを作りたいなと思っていました。  社内システムには多くの課題があるのですが、その一つに勤怠管理がありました。営業の人が直行直帰したり、エンジニアが在宅業務するので、リモートで管理できる必要があります。 いくつかのiOSアプリなどを試したのですが、出勤退勤を押し忘れたり、修正には上司のアカウントが必要だったりと手間がかかり、なかなか定着しませんでした。  どこに居ても全社員必ずチャットは毎日使うため、チャットで「おはようございます」と書き込むと出勤扱いにすれば良いのではないかと思い、hubotで早速作り始めました。  とりあえず、動くモノはすぐできたのですが、日数の集計などを考えると管理側を作るのが、かなり面倒です。  そこで、データはGoogle Spreadsheetに書き出す様にしてみました。そうしているうちに、Google Apps ScriptでWebサーバを書き、SlackのWebhooksで通信すれば別途サーバを用意する必要がないことに気がつき、Google Apps Scriptで書き直しました。  これで9月から社内で勤怠管理として1ヶ月ぐらいつかっていますが、右の様に社内でも評判のツールとなっています。返答は顔文字を使ってユルい感じで返すようにすることで、みんな親しみを持ってくれています。  現在はSlack用として動いていますが、API部分は分離してあるので、他のチャットでもWebhooks的なモノがあれば、簡単に移植することができます。もし他のチャットに移植してくれる人がいたら非常にうれしいです。  今後の開発としては、月次の出勤日数や有給の管理、休み時間の登録などを予定しています。コレがないと社内的に困るので。 トレタ社内ツール  トレタでは、「みやもとさん」以外にも、日々の統計処理などでGoogle Apps Scriptを利用しています。社内で使うツールはGoogle Apps ScriptとSpreadsheetの組み合わせがかなり便利です。各種データはBigQueryに入れており、統計情報はここから取り出す事で、管理画面を作り込むことなく柔軟にデータをみることができるようになっています。  このようなツール以外にも、社内の文化をシステム方面からも構築していくため、日報システムを始め、色々なツールを内製しています。  こんな環境で、アプリを作ってみたい方をトレタでは探しています。興味のある方は、まずはランチでも食べにきてみませんか? → ランチ申し込み  トレタはITと少し離れた分野にITを届けて、働いている人にもお客さんにも幸せになってもらうシステムを作っています。そのためには社内のシステムも気持ちよく使えるモノをと考えています。  この「みやもとさん」が多くの場所で使ってもらえ、すこしでも便利だなと思って頂けたら幸いです。