今の技術でシンプルなガラケー再構築したら面白いかな?

Posted filed under Idea, iPhone.

 ドコモはツートップ以外売る気がないとか、Tizenヤバイとかいう話しが出ているけど、ガラケー層は一定数いるんだから、いまの技術でシンプルなガラケーを再構築して出したら面白いんじゃないかなぁ。 ストレートタイプ 2.5インチカラー液晶 Bluetoothによるテザリング 200万画素(1600×1200)程度のカメラ 明るさ重視 シンプルなUI Compact HTML+Javascriptなブラウザ Webサービスでも使えるPush機能 ワンセグ・GPS・タッチパネルは無し  いまのCPUは速いから、レスポンスは相当良いはず。  回線速度も今は速いから、2.5インチぐらいの画面なら、CompactHTML+Javascriptでアプリっぽいモノを作っても、そこそこ動く気がするし。  筐体は標準のモノもあるけど、3Dデータが公開されていて外部のメーカーが自由に販売できたり、気合いのある人は3Dプリンタで自作できたりすると面白いんじゃないかな?  いまはPC使える層も増えたから、Bluetoothか回線経由でアドレス帳や設定をブラウザから追加・変更出来る機能があるといいな。iPadから設定できたりとか。  一番のキーはUIの再構築だと思う。2.5インチでできるUIを今一度考えてみると面白そうだなぁ  って何となく思ってみたので、書いてみた。こういう、テーマ決めてアイディア出しの会とかやりたいな。 p.s  docomo N-01Eが近いんじゃないかってコメントをFacebookで頂いた−。UI見てみたいなー。

ネットのアカウントとリアルな人をひも付けするアプリ/デバイス

Posted filed under Idea, iPhone.

 TwitterやFacebookでつながっている人と勉強会などで会うこと多いんですがネット上で親しくてもリアルな顔を知らなくて、帰宅後にタイムラインを見て会ったことのない人が同じイベントに参加している事を発見してがっかりする事があります。  iPhoneのカメラを通してみると、みんなの頭の上にTwitterのアイコンが表示されるアプリなんかがあると良いんですが、さすがにそれは技術的にムリです。 Pokenが見た夢?  数年前にPokenという、キーホルダーサイズのデジタル名刺的なデバイスが出ましたが、タッチしたあとにPCにつないだりするのが面倒で、いつの間にか電池が切れてそのまま持ち歩かなくなってしまいました。  Pokenの様にタッチするのではなく、Nintendo DS/3DSのすれ違い通信のような感じで、近くで同じデバイスを持っている人を自動で認識して記録したり、友達申請を出せるようなデバイスがあればいいのにと思っていました。  自分のIDを常に発信するデバイスがあれば実現できるのですが、電波を発信するのは電池を消費するので定期的に充電や電池の交換が必要で、実使用ではそこが大きな問題になり難しいなと考えていました。  iPhoneでできればいいんだけど、iPhone同士を無線で見つけるAPIは公開されていないし・・・

iPad miniで持ち歩けるコーディング環境を作る

Posted filed under Idea, iPhone.

 iPad mini + Cellularを朝一番から並んで買いました!軽くてLTEでネットが使えるということで、外に持ち歩き端末としてはApple史上最高な端末です。  しかし、私は出かけるときには常にコードを書ける環境を持って歩きたいので、結局MacbookProかAirを持って出かけることになってしまいます。  最近、MBP15に代えたのでちょっと持ち歩きが厳しいなと思っていたので、この際iPad miniでコードを書く環境を構築することにしました。

本をシェア出来る喫茶店があったらいいな

Posted filed under Idea.

Photo by kana76  日本に居るときから、原稿持って温泉行ったり、ノートパソコン抱えて沖縄行ったり、ノマドな生活していました。  シアトルはスターバックスのお膝元って事もあってか、カフェがとても多く、今も週3-4回は気分転換もかねてMacBook持って行ってます。 勉強や仕事を第一の目的として行く場所だけど おいしいコーヒーが飲めて 目的がただのリラックスでないところでゆるーい一体感のような空気がある場所。 みんなある種の専門家なので 常連同士で情報の交換があってもいい。 息抜きのおしゃべり相手がいることも仕事への集中力を高めるし プロフェッショナルな人と接する機会は 自分を高めるモチベーションにもつながる。 コラボレーションから何かが生まれるかも知れない。 仕事するのにオフィスはいらない ノマドワーキングのすすめ – 自立Logbook  まだ、この本は入手出来てないんですが、こっちでカフェに居ると、結構な比率でラップトップを出して仕事しています。 こちらのほとんどのカフェは、電源もwifiも自由に使えるので何時間もいる人が結構います。  それで、ふと思ったんですが、技術書をシェアできる喫茶店があったらいいですよね。本は寄付とかでまかなうとして。  蔵書の管理は、Webサービスで適当な物を探せばいいですし、結構いけるんじゃないかなぁ。

近況報告&アイディア募集

Posted filed under Idea, iPhone, Ruby on Rails.

 アメリカに来て約3か月がたち、やっと生活も落ち着いてきました。  現在、BigCanvasでは、7月のAppStoreオープンに向けてiPhone向けのアプリを中島さんと作っています。  本当は、私もCocoaで遊ぶつもりだったのですが、このプロジェクトを始めたのが4月で時間が無いため、アメリカでも引きこもりの様にRailsのコードを書いています。早くもっとCocoaでアプリを書けるようになりたいなぁ。  ネットへの依存度が高いので、日本に居てもアメリカに居ても生活全般、あまり違いがない気がします。  ただ、デザイナやPR会社との打ち合わせなどが英語なので、そこが違うかな。  これが一段落したら、自分でも書きたいiPhoneアプリがあるので、自分でも色々書いてみようと思っています。  自分のアイディア以外でも色々作ってみたいと思っていますので、ぜひ「こんなiPhoneアプリ欲しい!」とかありましたら、メール: masuiあっとmasuidrive.jp、チャットでは、MSN:masui@hisec.co.jp、skype:masuidrive76まで呼びかけていただけると、うれしく思います。