クローゼットがいっぱいになったので壁にハンガー掛けを作ってみた

Posted filed under Life.

トレタ アドベントカレンダー 2016土曜日担当の増井です。 今日はITとは関係ないDIYの話です。 今の家に引っ越して2年。荷物も増えてきて「服を掛けるところがない・・・」という状態になってきました。 2畳ぐらいのクローゼットはあるのですが、二人暮らしでは全然足りません。このクローゼットの前の部分がデッドスペースになっていうので、ハンガーラックを置こうと思ったのですが、ちょっと狭くて奥には難しそうです。 壁に直接ハンガー掛けをつければ行けそうなのですが、我が家は賃貸なので壁に釘は打てません。 初めは2×4材でフレームを作って・・・とか結構大掛かりなことを考えていたんですが、今は「ディアウォール」っていう便利なものがあるんですね。びっくり。 これを使うと突っ張り棒の要領で家のどこにでも2×4材の柱を設置することができます。 ということで、ディアウォールと2×4材を使って、なるべく手軽に、壁に穴を開けずにハンガー掛けを作ることにしました。 必要な道具 メジャー (天井高を測れるもの) 電動ドライバー ガムテープ サイズ決め まずは、作るハンガー掛けのサイズを決める必要があります。 一番大事なのは天井高です。ここはメジャーで測ってください。 あとは横幅です。これを壁を見て決めます。でもかける重さや使い勝手を考えて1m以下ぐらいで柱を設置した方が良さそうです。 我が家は図のように、1.5mの壁に柱を三本立てる事にしました。    部材発注 次に部材を注文します。ホームセンターなどが近くにある場合はそちらでも買えますが、私は車も持っていないので全て通販で済ませました。 柱 まずは柱となる2×4材の発注です。これはIPC DIY-LABさんで木材のカットとディアウォールのセットで販売しているのでここで注文しました。 このセットで頼むと5mmのスペーサーがおまけでついてきます。ディアウォールで検索すると天井高から45mm引くのか40mm引くのかという話が出てきます。 ディアウォール公式では、天井高から45mm引いた2×4材を用意するようにと指示があるのですが、それでは緩いから40mmの方が良かった、という意見があるようです。 ここで頼めば、-45mmでカットを注文しておき、緩ければスペーサーを入れるという方法が使えます。 我が家の天井は2200mmだったので、2200mm – 45mm = 2155mmでカットしてもらうように三本注文しました。 ハンガーパイプ 続いてハンガーパイプを選びます。これは一般的な直径25mmのステンレスパイプにしました。上の図版のようにうちでは左側にコートをかけるために一本、右側にはシャツなどをかけるために上下で日本のパイプを入れる事にしました。 1500mm幅を二つに割るので、ちょっと長めに770mmにカットしたパイプを三本注文しました。でも750mmで十分だったかなと思っています。 あとはパイプのキャップを6個注文します。抜け防止のピンが付いたものもありますが、うちでは安いゴム製のキャップでもパイプが抜けるような事態は起こっていません。 ブラケット 最後に、ハンガーブラケットです。これは後で高さなどを買えられるように直付けではなくレールにつけられるものにします。調べてみると「ロイヤル」というメーカーのものが信頼性が高いようだったのでそれを選びました。 調整幅を大きくするために1200mmのレールを3本注文しました。楽天のノナカ金物店さんで注文するとおまけでネジがつくので30mmのものを選択しました。 ブラケットは家のハンガーの幅を測って250mmの物にしました。一般的な家庭であれば250mmがベストだと思います。 お店 部材 単価 個数 合計 ノナカ金物店 ロイヤル ASF-1 チャンネルサポート クローム 1200mm 617 3… Read more »

拭き掃除をしてくれるロボット「みやおさん」が便利!

Posted filed under Life.

 うちの掃除は基本的に毎日はないさんがやってくれます。  ルンバは、床に大きなゴミがあったり、コードが這っていると食ってしまうので、事前に部屋をRoomba friendlyにしておく必要があるんだけど、それさえやっておけば、ほとんど掃除機をかける必要がないので凄くラクになります。  とはいえキッチンとかは、徐々にヨゴレが残っていき、雑巾がけをする必要はあります。  めんどいし、腰がやられそうなので、どうしようかなーと思っていたところ、ルンバの会社から雑巾がけのロボットもリリースされてたので買ってみました。「ブラーバ 380t」だから「みやおさん」って呼んでます。  エンジニアとしては、自動化できるところは積極的に自動化して、イテレーションを回すのが大事だと思うし。

デブサミの感想ブログのまとめ

Posted filed under Life.

デブサミ 2014で話した「エンジニアだからできる自由な生き方」の感想を書いてくださっているブログがあったので、まとめてみました。 下記以外でも「あった!」という方はコメントなどで教えて貰えると幸いです。 あと、先日、話忘れた事があって「自由はメンテナンスし続けないとすぐ失ってしまう」っていうのも大事かなと。一発の努力じゃなくて、継続が必要なのがホント難しい所。 2014/02/14 デブサミ2014【14-A-5】エンジニアだからできる自由な生き方 #devsumiA – Togetterまとめ ミイル/トレタ増井雄一郎氏「エンジニアだからできる 自由な生き方」@デブサミ2014 2日目 – tchikuba’s blog Developers Summit 2014の参加記録(後編: 2月14日整形版) : georgenano serious side Developers Summit 2014の参加記録(前編: 生メモ) : georgenano serious side 「デブサミ2014 Day2 #devsumi」(2014年02月14日)の参加メモ – uchimanajet7のメモ デブサミ2014に行ってきた(2日目) | Nomadarian デブサミ2014、2日目 – 未来のいつか/hyoshiokの日記 Developers Summit 2014 に参加してきました | ryosuke log (仮) Developers Summit 2014 (2日目) –… Read more »

デブサミ2014で「エンジニアだからできる自由な生き方」の話をしてきました。

Posted filed under Life.

 昨年の後半から、「エンジニアとしての生き方」のような話をする事があり、ずっと継続して考えてきました。  先日も「一生、エンジニアであり続けるために必要なこと(レポート)」という講演をしたのですが、実はその時点でもまだ自分で分からない部分がありました。  自分が「自由に生きたい」と思っている事は分かっていたのですが、「なぜ自由でいたいのか」という説明がうまくできなかったのです。自由は手段であり、得た自由を使って何をしたいのか、それが説明できませんでした。  漠然とは感じるんだけど、説明できないもどかしさをずっと感じていたのですが、デブサミの数日前、こんなツイートを見つけてやっと自分で納得できました。

今年もthe dotsを打ち続けます

Posted filed under Life.

 新年一発目の記事として@IT自分戦略研究所に”エンジニアとして進化し続けるには“という記事を書かせて頂きました。  自分の中でも”どうやってエンジニアとして生き続けていくのか”というのは、ずっと持っているテーマです。  定年の35歳を過ぎて数年経ち、漠然と続けて行きたいと思っても続けていくことが難しい事は明白です。  特に四十台になってくると、柔軟性や体力的に最新技術を追いかけるのが辛くなって行くという話しを良く聞きます。  そんな中でもどうやって自分がやりたいことを実現していくのか、自分なりに考えてまとめてあります。  特に残された時間が短いと思うと、焦って結果を出そうとしてしまいます。しかし、今までの自分を思い返して見ても、やはり自分を変えるには5〜10年という長さの期間が必要です。  そのため、その期間を考慮して5年後、10年後をどうしていきたいのか考えるのが大事だと言うことにやっと気がついたのは、自分が歳を取ったからかもしれませんw  記事を書くのは簡単ですが、実際に実行するのは難しいです。自分への戒めも込めてこの記事を書きました。  ”エンジニアとしての進化”とは少しちがうのですが、私のアドバンテージは、自分の考えや制作物を効率よく、ちょっと膨らませて他人に見せるプレゼン能力だと思っています。  しかし、これを進めすぎると、”技術力は大したことないのに口だけ達者”というIT芸人の道まっしぐらなので、エンジニアとして評価されるためにも、これからもチャレンジを続けて頑張って行きます。 エンジニアであり続ける為にはコード評論家になってはいけない。コードを読み続け、コードを書き続け、新しいアイデアを妄想し試し続け、披露し続けなければならない。 — mattn (@mattn_jp) January 7, 2014

2013年もありがとうございました!

Posted filed under Life.

2013年も残り僅かとなったので、 振り返るために今年一年の活動をまとめてみました。 こうやって書き起こしてみると、この1年も色々なことがあったなぁと思います。 色々な所で支えてくださった皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。 来年も、積極的に活動していきたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。 制作物 ミイル – 継続開発 トレタ – 新規 wri.pe – 新規 MobiRuby – メンテナンス 講演 – 32本 1/11 テンプスタッフ アプリコンテスト:スペシャル勉強会 1/18 CROSS 2013 – スマートフォンCROSS 1/22 RIA コンソーシアム・ビジネスセミナー ハイブリッド開発のすすめ 2/4 京都でこの冬一番“Ruby”な夜〜Mobirubyのその後とRailsアジャイル開発最前線!! 2/14 デブサミ2013 RubyでiOS/Androidアプリを作るMobiRuby 2/16 テンプスタッフ アプリコンテスト 2/21 軽量ruby実践レポート&セミナー – MobiRuby 2/23 conferenceWithDevelopers – MobiRuby 3/6 RubyでiPhoneアプリを作る『MobiRuby』大解剖 – 岐阜 3/11 Ruby東京プレゼンテーション2013… Read more »

プログラミングで使う記号の英語の読み方 [Updated]

Posted filed under English.

プログラミングでよく使う記号の英語での読み方。 記号 読み方 記号 読み方 ( ) parenthesis (口語: paren) [ ] bracket, square bracket { } braces, curly bracket < > angle bracket <- -> arrow <= => fat arrow, double allow # pound, hash, number sign – minus,hyphen (正確には違うがdash) ‘ single quote, apostrophe " double quote ` back quote, backtick, grave | pipe,… Read more »

今の技術でシンプルなガラケー再構築したら面白いかな?

Posted filed under Idea, iPhone.

 ドコモはツートップ以外売る気がないとか、Tizenヤバイとかいう話しが出ているけど、ガラケー層は一定数いるんだから、いまの技術でシンプルなガラケーを再構築して出したら面白いんじゃないかなぁ。 ストレートタイプ 2.5インチカラー液晶 Bluetoothによるテザリング 200万画素(1600×1200)程度のカメラ 明るさ重視 シンプルなUI Compact HTML+Javascriptなブラウザ Webサービスでも使えるPush機能 ワンセグ・GPS・タッチパネルは無し  いまのCPUは速いから、レスポンスは相当良いはず。  回線速度も今は速いから、2.5インチぐらいの画面なら、CompactHTML+Javascriptでアプリっぽいモノを作っても、そこそこ動く気がするし。  筐体は標準のモノもあるけど、3Dデータが公開されていて外部のメーカーが自由に販売できたり、気合いのある人は3Dプリンタで自作できたりすると面白いんじゃないかな?  いまはPC使える層も増えたから、Bluetoothか回線経由でアドレス帳や設定をブラウザから追加・変更出来る機能があるといいな。iPadから設定できたりとか。  一番のキーはUIの再構築だと思う。2.5インチでできるUIを今一度考えてみると面白そうだなぁ  って何となく思ってみたので、書いてみた。こういう、テーマ決めてアイディア出しの会とかやりたいな。 p.s  docomo N-01Eが近いんじゃないかってコメントをFacebookで頂いた−。UI見てみたいなー。

木のキーボード Oree(オリー)の限定ストアが7/7まで銀座にオープンしてる!

Posted filed under Life.

 いつも行くスタバで、すっかり行き詰まったMobiRubyのroadmapを考えつつTwitterを見ていると、木製キーボードOreeのポップアップストアが、9日間だけ銀座にオープンという記事を発見!  Oreeは木でできたBluetoothキーボードで、去年ぐらいにどこかの記事で見つけて気になったんだけど、2万円近い価格と試打できない事で二の足を踏んだままになってました。  スタバから5分程度の所で今日から限定ストアオープン!こんな偶然、ぜひ行ってみなくちゃという事でてくてく歩いて行ってみました。  東銀座の昭和通りからちょっと入ったLEAGUEという、ちょっとおしゃれなコワーキングスペース的な所でOree popup workshopが開催されていました。  OreeはMapleとWalnutの二種類から選べるのですが、自然の木を使っているので一台一台違う木目があり、このストアでは展示してあるキーボードから好きな木目を選んで買うことができます。

iPad miniを腰につけると捗るよ

Posted filed under iPhone, Life.

 冬の間はiPad miniがすごく捗りました。コートのポケットに入るから、どこでもすぐにminiを取り出して使えるから。これは想像以上に便利で、地下鉄に乗ってもすぐminiでコードを書いてしまうぐらいでした。  でも暖かくなってコートを脱ぐとminiを入れるところがない・・・。春のあいだは、ポケットの大きな上着を選んできてたんですが、そろそろ暖かくなってきてTシャツだとポケットがない・・・。弾さんのようにハラに差せばいいのかもしれないけど・・・・