無料のサイト=オープンソースじゃない

Posted filed under Life.

Photo by Lori Spindler ●<SNS> フリーの夢の終焉、米国のNingがフリービジネスを放棄し社員を7割削減 (略)  米国のフリーSNSで有名なNingが、フリー開発を放棄し、社員を4割削減します。  オープンソースの夢はSNSに関して米国では終焉しました。 <SNS> フリーの夢の終焉、米国のNingがフリービジネスを放棄し社員を7割削減: SNS,ソーシャルネットワーキング.jp  フリーのサイト=オープンソースじゃありません。なかなかこの誤認識は止まらないなぁ。  Ningはソースコードが公開されていないので、オープンソースではありません。ただの無料のサイトです。 この二つの違いは非常に大きなモノです。  むしろ、オープンソース化されていれば、企業の業績によって「無料版」が廃止されユーザが混乱するという事態には、ならなかったはずです。オープンソースのSNSである、OpenPNEでは、こういう事はありえません。  企業経営の常識は「倒産しない事」かもしれませんが、アプリケーションの継続的な提供という観点に立てば、オープンソース化はそれを超えるモノです。  企業が倒産しても、オープンソースのアプリは生き続けます。私がOSSをすばらしいと思う大きな理由はここです。  Netscapeがブラウザの一時代を築いたのにMSに押され、開発継続が危なくなったのに。オープンソース化することで、Netscape社がブラウザの開発を行わなくなった後も、Firefoxという形でアプリケーションが提供され続けているのは、そのためです。  なんか、よく見る話になっちゃってるんですが、やっぱりどうしても気になったので書きました。

いまさらディープリンク問題?

Posted filed under Life.

 レシピ横断検索サイト recipe growlerの管理者宛に、“個別ページにリンク禁止”の為、リンクを削除して欲しい旨のメールが届いたらしいです。  この手の話はひさびさに聞きました。  さらに、各レシピのページに「簡単リンク 外部のブログにこのレシピのリンクを貼れます」って書いてあるのに。  「トップページ以外にリンクしては行けない」という話は、「ディープリンク問題」としてかなり昔から議論され、もうとっくに「他人にディープリンク禁止は強制できない」ということで決着しているものだと思っていました。  どうしてもディープリンクを禁止したい場合は、サイト側で技術的に対策が可能です。  ニュースサイトのITmediaでは、画像への外部からのリンクを禁止し、実際に外部からリンクを行っても画像が見れないように対策されています。また検索エンジンにリンクされたくない場合は、robots.txtと言う方法で簡単に行えます。  本意はディープリンク禁止ではないかもしれませんが、ネット系ベンチャーとして、いまさらディープリンク禁止を掲げるのは、恥ずかしくないのかなぁ。 [追記]  リンクに関するページが更新された模様。素早い対応、すばらしい!  でも「クックパッドにリンクしていること自体をサイト運営や 営業の手段としないでください。」ってどういう意味だろう? これだと、「美味しいレシピを見つけましたブログ」の様な形態のサイトを作る事は、NGって事かな? クックパッドにリンクしている言うことを目立つところに書かなきゃOK?

本をシェア出来る喫茶店があったらいいな

Posted filed under Idea.

Photo by kana76  日本に居るときから、原稿持って温泉行ったり、ノートパソコン抱えて沖縄行ったり、ノマドな生活していました。  シアトルはスターバックスのお膝元って事もあってか、カフェがとても多く、今も週3-4回は気分転換もかねてMacBook持って行ってます。 勉強や仕事を第一の目的として行く場所だけど おいしいコーヒーが飲めて 目的がただのリラックスでないところでゆるーい一体感のような空気がある場所。 みんなある種の専門家なので 常連同士で情報の交換があってもいい。 息抜きのおしゃべり相手がいることも仕事への集中力を高めるし プロフェッショナルな人と接する機会は 自分を高めるモチベーションにもつながる。 コラボレーションから何かが生まれるかも知れない。 仕事するのにオフィスはいらない ノマドワーキングのすすめ – 自立Logbook  まだ、この本は入手出来てないんですが、こっちでカフェに居ると、結構な比率でラップトップを出して仕事しています。 こちらのほとんどのカフェは、電源もwifiも自由に使えるので何時間もいる人が結構います。  それで、ふと思ったんですが、技術書をシェアできる喫茶店があったらいいですよね。本は寄付とかでまかなうとして。  蔵書の管理は、Webサービスで適当な物を探せばいいですし、結構いけるんじゃないかなぁ。

快適な机上環境を作ろう

Posted filed under Life.

 この記事は2008年の5月に書いてずっとDraftの中に入ったままになってました(汗 いまはちょっと違う所もありますが、そのまま公開することにしました。  IKEAと5万円で作る快適仕事場が好評だったので、調子に乗って机の物編も書いてみることにしました。でも、IKEA編ほどおもしろくないなぁw  机の上の基本は、見えるところに物を置かない、でも出来るだけのものを手の届く範囲に置くです。 約2畳のスペースの中で快適に仕事をするために、ほとんどの事をこの環境の中でこなせるようにしています。  まずは、基本のキーボードとマウス。  キーボードは、無刻印のHHKBを使っています。キーボードは好きなので沢山持っているのですが、やはりキータッチが一番いいのはこれでした。値段も高いですが。  一つ失敗したのは無刻印。なぜかお店に言ったときに無刻印が格好良く見えて買っちゃいましたが、ブラインドタッチも出来ない私には重荷で、打ち間違いにより前よりタイピング速度が落ちたような気がします。  しかし、無刻印なおかげで机に置いたときに、うるさくない感じはやっぱり好きです。

机の下に本棚を作ってみた

Posted filed under Life.

 あまりにブログを更新していないので、たまには。  USに引っ越して1年。IKEAで作った仕事場は相変わらず快適なのですが、やっぱり本を置くところが少ないのが難点。  サイドデスクの上に本立てを置いて居るんですが、数が置けないし、あまり見栄えも良くない。  というわけで、デッドスペースを探して本置き場を作ることにしました。  すぐ本を出せるところでデッドスペースといえば、机の下。 MIKAELは背板があるので、ここと膝の間がちょうど新書分ぐらい空いてます。ここに板を通せば、ある程度本が置けそうです。  そこで、今度はHOME DEPOTへ走って、L字ブラケット2つと、細い47インチ(1200mm)の板を買ってきました。 MIKAELの幅は1400mmなので、ちょっと小さいですが、切って売ってたのがこのサイズだったので、これにしました。  家に着いたら早速ブラケットを膝の当たらない高さに仮固定してから、ドリルでビズを打ちました。 線も引かなかったので、あっさり15分ぐらいで作業完了。IKEAの家具は安いので気軽にビスを打ち込めて良い感じです。     高さは新書に合わせているので、それ以外の本は寝かして置いてます。  本を机の上に並べるとどうしても雑然としがちだし、本棚は圧迫感があるので置きたくなかったので、これはとても良い感じです。 MIKAELを持っている人には、かなりおすすめです。  あとは、このサイトを見習ってサイドデスクの中にペグボードを入れて整理したいなぁ。

近況報告&アイディア募集

Posted filed under Idea, iPhone, Ruby on Rails.

 アメリカに来て約3か月がたち、やっと生活も落ち着いてきました。  現在、BigCanvasでは、7月のAppStoreオープンに向けてiPhone向けのアプリを中島さんと作っています。  本当は、私もCocoaで遊ぶつもりだったのですが、このプロジェクトを始めたのが4月で時間が無いため、アメリカでも引きこもりの様にRailsのコードを書いています。早くもっとCocoaでアプリを書けるようになりたいなぁ。  ネットへの依存度が高いので、日本に居てもアメリカに居ても生活全般、あまり違いがない気がします。  ただ、デザイナやPR会社との打ち合わせなどが英語なので、そこが違うかな。  これが一段落したら、自分でも書きたいiPhoneアプリがあるので、自分でも色々書いてみようと思っています。  自分のアイディア以外でも色々作ってみたいと思っていますので、ぜひ「こんなiPhoneアプリ欲しい!」とかありましたら、メール: masuiあっとmasuidrive.jp、チャットでは、MSN:masui@hisec.co.jp、skype:masuidrive76まで呼びかけていただけると、うれしく思います。

Flickrでかっこいいデスクトップを探してみた

Posted filed under Life.

 自分の仕事環境をもっとよくするために、参考になりそうな机は無いかなーとFlickrで検索してみました。  特にデザイン系の会社だと、カッコいいオフィスがありそうなので、もしご存じの方いましたら、できれば写真があるページを教えてもらえませんか? コメントかはてブでお願いします。 view from my workspaceOriginally uploaded by cityflickr こんな環境で仕事してみたい。400年前の城らしいですよ。ここ。 ニセコで仕事したときは気持ち良かったなぁ。

IKEAと5万円で作る快適仕事場

Posted filed under Life.

 日本での仕事場環境作りの話はこちら。  Impress BB Watchのデスクトップ百景でMac上のデスクトップを紹介して頂いたので、連動してリアルなデスクトップの話です。  私は家で仕事をしていますが、仕事部屋を設けるのではなく、リビングに机を置いて仕事をしています。 一日の時間のほとんどをPCに向かっているので、一番広い部屋を使わないのはもったいないのです。  仕事机を置くのに必要なスペースは大体2畳程度です。リビングが広めだと、思ったより圧迫感は出ないと思います。なので、うちでは、1LDKで広い部屋の物件を探しました。いま住んでいる家も1LDKです。  アメリカに引っ越してまず行った場所はIKEA。今回の引っ越しでは、アーロン以外の家具類は全部処分してきてしまったので、仕事机も棚も全部買い直しです。

無事アメリカに引っ越しました

Posted filed under Life.

3/17にやっとアメリカに上陸しましたー。入国審査で待たされてちょっと焦ったけど、無事passできました。 3/19にはアパートにも無事入居できて、やっと一息と言った所です。 実はまだネットは来てないけど、野良無線で使えちゃってるので、これでネットをしてます。 うちの風呂はバスタブが深かったので、フログラミングも全然OK 板はIKEAで$3だったものに、足をつけて落ちないように加工してみました。これで日本にいる時より安全かも。 さて、これからベタな渡米日記みたいなのを書こうか迷うなぁ。

渡米します

Posted filed under Life.

自分でもびっくりな話なのですが、Life is beautifulの中島さんのサポートをいただき、今年3月に渡米&起業をする事になりました。 場所はシアトル近郊の予定ですが、MS関係じゃーありませんw 元々、昨年4月に渡米を前提としてワイズノットに入社したのですが、夏ぐらいから実現が困難な事に気がつき、別の方法を探していました。 そんな中、中島さんと知り合う事ができ、自分で起業して渡米するという、予想外の道を辿る事になりました。 この辺はいろいろは話があるので、そのうちどっかに書きます。 渡米で起業と言っても「アメリカで一山当てるぜ!」とか、「今までやってきた事を世界展開」いうテンションはなく、特にはじめのうちは、現在日本で行っているRailsでの開発や、新サービス立ち上げのお手伝いなどを、そのまま行っていこうと思っています。 生活に慣れたら、独自サービスの構築などを考えて行こうかなと、まったり考えたりしています。 なので、オンラインでも出来る仕事があるから、発注してやってもいいよ、という方がいましたら、masui(あっと)masuidrive.jpまでメールをいただけると助かります。 2/13のデブサミが、最後の講演になりますが、ちょっと飯でも食べてみようかなという方も、ご連絡お待ちしています。 スケジュール的には、2月末で千葉を離れ、一度北海道に戻り、3月中旬に渡米の予定です。 まだなにかあるのか自分でもよくわかっていませんが、がんばります。 p.s ワイズノットには、民事再生の話を聞く前に年末での退職願を出してありました。 なので、ほんとにびっくりしました。