Posted filed under ServerSide.

Photo by stebulus

 nginxなども調査してみたのですが、Perlbalが一番細かくキャッシュコントロールできること、Perlで書かれているので改造がしやすいことから、これを使う方向で進めてみることにしました。
 まずは、S3にreproxyする場合に、認証用のヘッダを付けるようにしないとな。

 ときどき死ぬとの情報もあるのですが、これはプロセス監視と複数起動することで対処することにします。

 OSXや、UbuntuにPerlbalのパッケージが無かったので、インストールする方法をまとめておきます。

 パフォーマンスはまだ計測していないけど、WassrもPerlbalを使ってるんですね。

# CPANの初期設定
cpan <<EXIT
no
o conf urllist push http://t.ring.gr.jp/pub/CPAN/
o conf prerequisites_policy follow
o conf commit
EXIT

# Perlbalインストール
cpan -i Sys::Syscall
cpan -i Danga::Socket
cpan -i Perlbal
wget -O- http://code.sixapart.com/svn/perlbal/trunk/debian/perlbal.init|sed -e "s//sbin/perlbal//local/bin/perlbal/" > /etc/init.d/perlbal
chmod a+x /etc/init.d/perlbal
apt-get install -y libaio-dev libgdbm-dev; cpan -i IO::AIO

2 Responses to “Ubuntu / OSXにPerlbalをインストールする”

  1. kan

    時々死ぬのは、当時のperlbalのSSL supportにバグがあったからです(なので、SSLの処理をperlbalでやらない限りは死ななかった)。現行のバージョンでは修正されて問題なくなってます(もちろん監視はあったほうが良いと思いますが)。

  2. masuidrive

    情報ありがとうございます。そんなに落ちないなら、安心です。
    wassrでは、LVSで多重化とかしてます?