Posted filed under iPhone, Javascript.

linkedin-intro LinkedInが本日、iOSの標準MailアプリでLinkedInのプロフィールを見ることのできる「LinkedIn Intro」というサービスをリリースしました。

 このサービスを導入すると、メールの中で送信者の情報をインラインで見ることができます。

 iOSにはメールアプリが沢山ありますが、このサービスの特徴は既存のアプリにLinkedInの機能を追加しているところが特徴的です。

 通常、iOSでは「機能拡張」みたいな物を作る事はできないのですが、これはどうやって実現しているのでしょうか?

 LinkedIn社のブログ「LinkedIn Intro: Doing the Impossible on iOS」でどのように実現しているのか、解説しています。

 仕組みとしては、IMAPプロキシを作り、メールの本文にツールバーのHTMLを差し込んでいるそうです。

LinkedIn introの仕組み

 サーバ側でメッセージのキャッシュなどは行わず、メールの本文をHTMLに変更し、それにツールバーを追加しているようです。
これを導入すると、LinkedInは全てのメールを見ることができます。セキュリティが気になる人は止めておいた良いと思います。

 サーバはRubyとEventMachineで書かれているそうです。汎用的なIMAP proxyあると色々使えそうで面白そうですね。

 Mailアプリの中ではJavascriptが使えないので、UIは全てCSSで構築されています。
IFRAMEは使えるので、ステータスなどはこちらを使っているようです。

 Mailアプリにプロキシの設定をしてもらうのは難しいので、キャリアのメールなどと同じようにプロファイルのインストールすることで簡単に設定できるようになっています。

p.s
 LinkedInの日本展開ってどうなってるんだろうなぁ?
あまり動いているように思えないんだけど。


IMAP


3分間HTTP&メール
プロトコル基礎講座